MENU

髪にいい食べ物とは?

髪にいい食べ物といえば、昆布やワカメなどの海藻類がよく上げられます。

 

また、大豆イソフラボンが含まれる豆腐や納豆などの大豆加工品を育毛食材として人気があります。

 

スポンサーリンク

 

昆布にワカメにひじきと言った海藻類や、納豆に豆腐と言った大豆加工品が髪にいい食べ物である事は紛れもない事実です。

 

しかも、こうした食品は、カロリーが低く、元々ヘルシー食材とされている物が多いので、髪にいい食べ物であるならなおさら、意識してたっぷり摂取することをおすすめします。

 

豆腐とワカメの味噌汁と納豆、それにひじきの煮物といった日本の朝食は最高ですね。

 

正しく髪にいい食べ物をズラリと並べた育毛効果抜群の朝食です。

 

トーストにコーヒー、目玉焼きという洋風の朝ご飯は足下にも及びません。

 

髪にいい食事

 

ただ、これだけ髪にいい食べ物を普段から食べていても、日本人は薄毛に悩まされないかと言われれば、決してそんな事はなく、ここに何かしらのポイントがあります。

 

髪にいい食べ物というのは、確かに、具体的に挙げれば、昆布やワカメと言った海藻類がまず挙がります。

 

次に、豆腐や納豆と言った大豆イソフラボンを豊富に含む大豆加工品です。

 

しかし、実際には、肉や魚も髪にいい食べ物であって、本来、これらのバランスが非常に重要だという事が重要なのです。

 

海藻類や大豆加工品はヘルシー食材の代表格でもあるところから、より一層支持されるのでしょう。

髪にいい食べ物をバランス良く

しかし、本当に髪にいい食べ物は、まずは毛髪の素材となる成分をふんだんに含むものです。

 

そして、髪を育てる働きやAGAを改善する栄養素をたっぷり補給出来る物です。

 

ですが、この両方をこなしてくれる本当に髪にいい食べ物というのは、そうはありません。

 

なぜなら、髪の毛の成分はタンパク質であり、髪を育てるのに必要な栄養素は、ビタミンやミネラル、それにヨードが主流だからです。

 

そこで、それぞれの内容を満たす物をバランス良く髪にいい食べ物として摂取する事が重要になってきます。

 

髪にいい食べ物は、基本的には全ての食材という事になりますが、その中身を見て、バランスを考えながら摂取する事が絶対条件です。

 

それが出来れば、海藻類や大豆加工品だけでなく、肉や魚も全て、髪にいい食べ物という事になります。

 

もちろん、野菜は欠かす事は出来ませんし、健康維持のためには、バランスよく食べるのが肝心です。

 

そうした上で、さらに髪にいい食べ物とされる海藻類を摂取する事で、薄毛対策などに繋がります。

髪にいい食べ物

食生活の改善と育毛剤の併用がおすすめ

BUBKAは厚生労働省に認可された濃密育毛剤で、M、O、Uすべてのタイプの薄毛に効果が期待できます。

 

話題の成分M-034は、実はBUBKAが最先端技術で抽出し、世界ではじめて育毛剤に配合した成分なのです。

 

BUBKAの主成分であるM-034の成長維持因子グロスファクターが、育毛を生成することにより、育毛をしっかりと促進します。

 

 

そして、髪の毛の支持作用と毛を成長させる働きのある外毛根鞘という成分が、毛髪の増殖を促進することで、髪の毛を活発に成長させます。

 

M-034には、細胞を活性化させて栄養を浸透させる力もあり、頭皮の保湿作用、血行促進作用など、薄毛対策に有効な働きがあります。

 

また、オウゴンエキスも配合されていて、脱毛の原因であるDHTを作る5αリダクターゼの働きを抑制します。

 

BUBKAには、M-034エキスをはじめ、センブリエキスを含む育毛有用成分4種類、オウゴンエキスを含む育毛をサポートする植物9種類が濃縮配合されています。

 

そして、頭皮のケアに効果的な9種類の植物や、細胞活性アミノ酸を10種類配合しています。

 

さらに、これらの有効成分を、毛乳頭にまで浸透させるため、ナノレベルの細かい水の分子で高い浸透力のある低分子ナノ水を使用しています。

 

これらの徹底したこだわりにより、毛根まで有用成分が浸透するのです。