髪にいい食べ物とは?

健康な髪の毛のためには栄養を十分に摂取するのが重要です。

 

では、髪の毛のためにはどのような食生活を心がければよいのでしょうか。

 

ここでは、髪にいい食べ物をいくつか紹介していきます。

 

 

女性の中には日常的にダイエットをしている人も多いですが、過度なダイエットによって髪の毛に十分に栄養が行き届かないと、髪の毛は十分に育つことができずに抜け落ちてしまいます。

 

また、夏場などは夏バテで食欲がなくなってしまい、冷たいものやのどごしの良いものばかり食べてしまいがいになり、栄養が偏ってしまうことがよくあります。

 

髪の毛のためにはこういったことは避けたいところです。

髪にいい食べ物-その@

まず、アミノ酸は健康な髪の毛のために欠かせない食材です。

 

アミノ酸はタンパク質の基となる成分であり、髪の毛もケラチン(タンパク質の一種)から構成されているわけですから、アミノ酸を補給することで健康な髪の毛になります。

 

アミノ酸を多く含む食品としては豆腐や赤身のお肉(特に鶏肉や豚肉)にレバー、青魚(アジやイワシ)、乳製品(牛乳やチーズ)、卵などがあります。

 

髪にいい食べ物-そのA

ビタミンB群も髪の毛には大切な栄養分です。

 

ビタミンB群はアミノ酸をタンパク質に合成する時に必要となるため、アミノ酸だけでなくビタミンB群を一緒に摂取することで効率よく髪の毛に栄誉を補給できるようになります。

 

うなぎや大豆製品、レバーやさんまに卵などを積極的に摂取するようにしましょう。

髪にいい食べ物-そのB

また、ミネラルも非常に重要です。

 

ミネラルが不足すると髪の毛が十分に育たずに細くてハリがなくなってしまいます。

 

レバーやひじき、卵などに多く含まれる鉄分や、わかめや貝類、そして豆類に含まれる亜鉛などは育毛には特に重要な栄養素です。

重要なのは栄養バランス

ここまで髪にいい食べ物で特に重要な栄養を3つ紹介してきましたが、この3つに共通しているのがレバーと卵です。

 

このことからもレバーと卵が非常に優秀な髪にいい食べ物であることが分かります。

 

しかし、だからといってレバーや卵ばかりを食べれば良いというものでもありません。

 

大事なのはバランスです。

 

バランスをとりつつ、上記の3つの栄養を食事に取り入れていくことが身体の組織の一部である髪の毛には重要なのです。

 

控え目にしたい食べ物

反対に、健康な髪の毛のために控え目にしたい食べ物もあります。

 

それは甘いもの、塩分の強いもの、冷たいものです。

 

過剰な糖分が髪に良くないというのは、糖分の消化のためにビタミンBが消費されてしまうためで、塩分過剰は血流を悪くしてしまうからです。

 

そして、なぜ冷たいものが良くないのかというと、髪の毛を生やす効果が大きいという事で注目されている体内物質の「IGF-I(インスリン様成長因子)」を、胃を冷やす事で胃の知覚神経を麻痺させてしまい、この物質を減少させてしまうからです。

 

この物質は、若さホルモンと言われていて、アンチエイジング効果があり、髪のボリュームを回復させる為に有効とされています。

 

この物質はもともと人間の体に存在するものですが、加齢により減少していきますが、体内で作り出す事もでき、大豆と唐辛子を同時に摂取する事で体内で増やせる事が分かっています。

 

ここでは控え目にしたい食べ物を紹介しましたが、糖分も塩分も人の身体に必要なものです。

 

ただし、どちらも摂りすぎてしまいがちですので、健康な髪のためにも適度な量にしておきましょう。

髪にいい食べ物とは?

髪にいい食べ物といえば、昆布やワカメなどの海藻類がよく挙げられます。

 

また、大豆イソフラボンが含まれる豆腐や納豆などの大豆加工品を育毛食材として人気があります。

 

昆布にワカメにひじきと言った海藻類や、納豆に豆腐と言った大豆加工品が髪にいい食べ物である事はよく知られています。

 

しかも、こうした食品は、カロリーが低く、元々ヘルシー食材とされている物が多いので、髪にいい食べ物であるならなおさら、意識して摂取することをおすすめします。

 

豆腐とワカメの味噌汁と納豆、それにひじきの煮物といった日本の朝食は最高ですね。

 

正しく髪にいい食べ物をズラリと並べた育毛効果抜群の朝食です。

 

髪にいい食事

 

ただ、これだけ髪にいい食べ物を普段から食べていても、日本人は薄毛に悩まされないかと言われれば、決してそんな事はなく、ここにポイントがあります。

 

髪にいい食べ物というのは、確かに、具体的に挙げれば、昆布やワカメと言った海藻類がまず挙がります。

 

次に、豆腐や納豆と言った大豆イソフラボンを豊富に含む大豆加工品です。

 

しかし、実際には、肉や魚も髪にいい食べ物であって、本来、これらのバランスが非常に重要だという事が重要なのです。

髪にいい食べ物をバランス良く

本当に髪にいい食べ物は、まずは毛髪の素材となる成分をふんだんに含むものです。

 

そして、髪を育てる働きやAGAを改善する栄養素をたっぷり補給出来る物です。

 

ですが、この両方をこなしてくれる本当に髪にいい食べ物というのは、中々ありません。

 

なぜなら、髪の毛の成分はタンパク質であり、髪を育てるのに必要な栄養素は、ビタミンやミネラル、それにヨードが主流だからです。

 

そこで、それぞれの内容を満たす物をバランス良く髪にいい食べ物として摂取する事が重要になってきます。

 

髪にいい食べ物は、基本的には全ての食材という事になりますが、その中身を見て、バランスを考えながら摂取する事が絶対条件です。

 

それができれば、海藻類や大豆加工品だけでなく、肉や魚も全て、髪にいい食べ物という事になります。

 

もちろん、野菜は欠かす事は出来ませんし、健康維持のためには、バランスよく食べるのが肝心です。

 

そうした上で、さらに髪にいい食べ物とされる上記を摂取する事で、薄毛対策などに繋がります。

更新履歴
トップへ戻る