育毛剤の効果が現れる時期

育毛剤を使っている人は、効果が現れる時期をどのくらいからと考えているのでしょうか。

 

普通、育毛剤は使ったその日から即座に効果が実感できるものではありません。

 

せっかく購入した育毛剤なので、使ってすぐに効果が出ることを期待してしまいます。

 

だから育毛効果がなかなか実感できないと、違う育毛剤に目移りしてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

育毛剤を使い始めてからはっきりと手ごたえが感じられるまでには、ある程度の時間が必要です。

 

どの育毛剤も最低でも6ヶ月は使い続けることを推奨しています。

 

またダイエットと同じように、育毛剤の効果にも停滞期があります。

 

停滞期にもかかわらず、効果のない育毛剤だと判断を下してしまっては、途中で挫折してしまうかもしれません。

 

毎日根気良く育毛剤を使っているうちに、髪のハリが戻ってきたことに気づくようになります。

 

髪にコシが出てきて、生き生きとしてきたと実感できるようになるでしょう。

 

さらに使い続けていると、頭皮の環境が整えられ、健やかな髪の毛に生まれ変わっていくのです。

 

新しく生えてきた髪の毛は、育毛前に比べると強く太くなっているので、ヘアスタイルにもボリュームが出ますし、髪の毛も以前に比べて早く伸びるようになるはずです。

育毛効果の停滞期

このように徐々に育毛効果は現れてくるのですが、そうしているうちにやがて停滞期を迎えます。

 

停滞期とは、髪の毛が元の弱さに戻ったり抜け毛が増えるのではなく、育毛効果に進展が見られなくなってしまう状態のことです。

 

進展が止まると何も効果が出ていないように感じられやる気が出なくなってしまいますが、決してここで落ち込んだり諦めたりしないでください。

 

停滞期をじっと我慢して乗り越えることさえできれば、再び育毛効果が現れてきます。このサイクルで育毛は行なわれます。

 

以上のことから、停滞期に違う育毛剤に変えることは控えたほうが良いといえるでしょう。

 

何度も髪の毛が生え変わるたびに、少しずつ健康な髪の毛に変わっていきます。

 

育毛効果が感じられなくなっても、「今は停滞期なんだ、見えないところで育毛は続いているんだ」と考えて決して挫けないでください。

トップへ戻る