髪の毛にいい食材

育毛を促進するためには髪を作る成分を補給し、髪の隅々まで栄養が届くようにしてあげる必要があります。

 

栄養が隅々にまで届き、かつ、髪が生える働きを促すには血行を良くすることも大切です。

 

髪を作る成分というのはタンパク質です。

 

そして、血行を良くし、栄養を届けるには体を温める効果のある食材をはじめ、ミネラルやビタミンなどバランスよく摂ってあげる必要があります。

 

タンパク質を摂るのにおすすめの食材は鶏のささみや胸肉、豚肉の赤身やレバーなどがあげられます。

 

タンパク質を摂ろうと思うと、お肉が真っ先に思いつきますが、摂り過ぎると肥満や生活習慣病や、血液がドロドロになって血流を悪くすることもあります。

おすすめの食材

この点、鶏のささみや皮なしの胸肉なら低カロリー高タンパクですし、豚肉の赤身には血行や代謝を促してくれるビタミンBが豊富に含まれています。

 

レバーにも造血作用がありますから、野菜と一緒にバランスよく食べましょう。

 

また、コレステロールが特に問題ない方は、卵も1日1個は食べたいところです。良質なタンパク質のほか、栄養の宝庫と言われています。

 

目玉焼き、卵焼き、ゆで卵、卵かけご飯など簡単かつ調理の方法も豊富ですから、飽きずに食べやすい食材です。

 

こうしたタンパク質と一緒に摂りたいのがブロッコリーやニンジン、トマトなどの緑黄色野菜やワカメ、昆布などの海藻です。

 

緑黄色野菜はカロチンなどビタミンやミネラルたっぷりで、体を温めたり、体をスムーズに働かせてくれ、海藻はヨードやミネラルが豊富で、髪を黒々と艶を高めてくれるのです。

トップへ戻る