髪にいい食べ物と言われる昆布

髪にいい食べ物と言われる昆布

髪にいい食べ物と言われる昆布

髪にいい食べ物で、毛髪が生えるとか、黒くなるとかと言われるのが昆布です。

 

実際、昆布エキス配合のヘアカラーや育毛剤のような物も、市販されています。

 

また、昔から昆布に限らず、ワカメやひじきなど、海藻類は髪にいい食べ物だと言われて来ました。

 

中でも昆布は、ヘアケア商品に多く使われてきました。その理由は、数ある髪にいい食べ物の中でも、そのエキスが最も配合しやすいのだろうという点があげられます。

 

髪にいい食べ物として上げられる昆布は、黒くて長くて、いかにも日本人の黒髪には良さそうですが、昆布があのような色形をしているから髪にいい食べ物と言われている訳ではありません。

 

髪を育てる上で必要不可欠なビタミンとミネラル、そしてヨウ素が豊富に入っているからこそ、髪にいいと言われるのです。

 

そのため、本当に髪にいい食べ物である良質な昆布は、真っ黒の物ではなく、やや緑がかっています。

 

肉厚で表面にしっかりと艶の見られる最高級昆布、少々高価ではありますが、絶対的にお勧め出来るのは、こんな昆布なんですね。

 

従って、黒髪の日本人だけではなく、金髪の外国人にとっても、白髪の方々にとっても、やっぱり昆布は髪にいい食べ物である事に変わりはありません。

 

そして、その理由は見た目にではなく、中身にあるという事を知っておきましょう。

昆布を日常に取り入れる

髪にいい食べ物である事は分かっていても、中々毎日の食事にうまく取り入れられないのが昆布です。
確かにワカメの場合だと、味噌汁やサラダに入れてという風に、簡単に使えます。

 

それに対し、昆布はと言うと、煮るなりなんなりしないといけないので、いくら髪にいい食べ物だと思っても、ついついパスされてしまわれる方も多いです。

 

そういう場合は、市販の鰹だしの代わりに昆布だしを使ってみてください。
もしくは、髪にいい食べ物として、ワカメをメインで取り入れ、昆布はサブでという形を取ってみてください。

 

また、時には昆布茶でほっこり、お茶請けはおしゃぶり昆布なんていうのも乙なものですね。

トップへ戻る