肉も髪にいい食べ物

髪にいい食べ物と言えば、海藻類や大豆加工品というイメージが強いかと思われます。

 

逆に肉類は、髪に悪い食べ物として上げる方も、稀にですがおられます。

 

それに対し、肉類は、髪に悪いというより、体全体に悪い食べ物だと捕らえられがちですが、実際には肉も髪にいい食べ物であるという事を知っておきましょう。

 

無論魚も同様で、単純にワカメや昆布、あるいは納豆や豆腐だけを食べていれば、髪がふさふさに生えるというものではありません。

 

何故なら、髪の主成分はタンパク質ですから、それを補える食品こそが本当に髪にいい食べ物だからです。

 

そういう意味では、大豆製品にはタンパク質が豊富ですから、豆腐や納豆ばかりを食べて育毛というのはまだいいのですが、ワカメや昆布だけを食べて、育毛効果を得ようというのは少し問題です。

 

髪にいい食べ物として海藻類が上げられるのは、育毛に必要なビタミンやミネラル、そしてヨウ素という栄養素を豊富に含んでいるからに他なりません。

 

しかし、いくら生育環境を整えても、髪を作る成分であるタンパク質が不足していては何も始まらないのです。

髪の主成分はタンパク質

そこで、その髪の主成分となるタンパク質を多く含んだ髪にいい食べ物というのも取り込む必要があります。

 

タンパク質には、肉や魚に含まれる動物性タンパク質と、大豆などに含まれる植物性タンパク質の2種類のタンパク質があり、どちらも髪には必要な栄養です。

 

ただし、今度は肉や魚ばかり食べて、ビタミンやミネラルが不足してしまっては、これまた意味ない事になってしまいます。

 

育毛されなければ、そこにあるのは全て無駄なタンパク質ですから、やはり髪にいい食べ物と言われる海藻類や野菜もモリモリ食べないといけないのです。

 

髪にいい食べ物は、肉や魚と言った動物性タンパク質と、大豆などに含まれる植物性タンパク質、そして、海藻類に含まれるヨードやミネラルです。

 

さらには、野菜や果実から摂取するビタミン類もなくてはなならないものです。

 

ありとあらゆる食べ物が髪にいい食べ物という事になりそうなのですが、肉も野菜も魚も、海藻類も、バランス良く摂取する事が何より肝心です。

 

例えば、ステーキを食べるのなら、一緒にワカメスープと野菜サラダを添えれば、まさに髪にいい食べ物の献立という事になります。

 

髪にいい食べ物を今一度見直し、日々の食生活を考えてみてください。

トップへ戻る