MENU

人間の髪質は、大きく分けて3つあります

自分はどんな髪質なのかを知っている人はいますが、その知識は本当に合っているのか確かめたくなりませんか?

 

そこで、人間の髪質はどんな種類があるのか、どうやって髪質を見分けるのかを紹介したいと思います。

 

人間の髪質には3種類あります。

 

剛毛、軟毛、その中間です。

 

どうやって見分けるかというと、髪の毛を一本だけ抜いて上に立たせます。

 

短い髪の毛がいいです。

 

そして、ピンっと髪の毛が上に立てば剛毛です。

 

逆に、短いにも関わらずヘナっと垂れ下がってしまうのは軟毛です。

 

ピンとも立たないし、ヘナっともしないというはっきりしないのが中間です。

 

また、髪の形にも種類が3つあります。

 

直毛、クセ毛、チリチリの毛です。

遺伝子が大きく影響する髪質

これは遺伝子で決まります。

 

白人同士が結婚したら白人が産まれる可能性が高いように、髪の毛も親からの遺伝です。

 

産まれる前から決まっています。

 

直毛が遺伝子としては優性です。

 

その次はクセ毛で、一番劣勢なのはチリチリ毛です。

 

そのため、直毛とチリチリの毛の両親が結婚したら、産まれる子どもは直毛の率が高いです。

 

また、親の親が直毛だった場合、両親が親がチリチリだったとしても子供は直毛になる可能性があります。

 

髪質は遺伝によるものが多いのですが、最近は美容室でチリチリ毛でも直毛に変身できたり、その逆もあります。

人間の髪質は、大きく分けて3つあります関連ページ

女性の育毛
男性と女性とでは当然ながら身体のつくりが異なり、薄毛の原因も違ってくるため効果的な育毛の方法にも違いが出てきます。
女性も育毛を行う事が必要です
既に髪の毛が薄くなってから対策を講じた場合には、効果が十分に期待できません。そのため若いうちから薄毛防止の対策をしておく必要があります。
基本的なことをまずは確認しよう
まずお金をかけて改善を図るよりも、お金のかからないいつもの生活習慣を見直してみることから始めてください。
女性も薄毛・抜け毛で悩んでいます
抜け毛や薄毛の悩みは男性特有の悩みと認識していましたが、現代では女性でも多くの方がこのことで悩まされています。
パーマやカラーリングを繰り返すと
パーマやカラーリングを繰り返すという事は、髪の毛の水分を保護するキューティクルを開かせて、パーマ剤やカラーリング剤を奥まで浸透させてしまいます。