薬アレルギー

薬物アレルギーとは

アレルギーは、体内に入った異物を排除するために、免疫機能が過剰に反応した結果、体になんらかの症状が出ることをいいます。

 

アレルギーを起こす原因となる物質は、人によりさまざまで、食べ物、花粉、ダニ、ペットなどがよく知られていますが、薬にアレルギー反応を起こす人も多くみられます。

 

薬物アレルギーは、服用した薬にアレルギー反応が起こり、発疹やじんましんなどの症状があらわれます。

 

他のアレルギーと同じように、体内に入ってきた薬を異物と認識し、それを排除するための免疫機能が過剰に反応して湿疹などの症状が起こります。どの薬がアレルギーの原因になるかは、人によって異なります。

 

飲み薬だけではなく、塗り薬や注射でも薬物アレルギーの症状が出ることがあります。

 

一度アレルギー症状が出た薬の使用は、特に注意が必要です。ほんの少しでもその薬が体内に入れば、再びアレルギーの症状を引き起こしてしまうからです。

 

アレルギー症状が出たら、必ず服用した薬の名前をメモしておき、病院に相談しましよう。発疹やじんましん程度なら回復するのも早いのですが、症状によっては、呼吸困難や痙攣といった重篤な症状を引き起こし、命の危険にかかわることもあります。薬は、じゅうぶん注意して服用しましよう。

薬物アレルギーの症状

薬物アレルギーの症状で最も一般的なのが、湿疹やじんましん、目のかゆみなどの皮膚に起こるトラブルです。

 

皮膚のかゆみは人によって症状が異なり、多少かゆいかなという軽度のものから、全身に湿疹が発生し、黒く変色したり皮膚が剥がれるなどの重症の人まで、さまざまです。

 

薬物アレルギーが皮膚にあらわれると、かゆみ以外にもむくみや浮腫、さらに紫外線に当たって発疹が発生する症状などもあります。

 

皮膚以外では、内臓に症状が出る場合もあります。肝臓や腎臓の機能障害、胃腸障害などの症状が起こります。

 

その他には気管支炎や発熱、そして命に関わるといわれるアナフィラキシーショックがあります。

 

アナフィラキシーショックとは、急性のアレルギー反応で、血圧が急激に下がり呼吸困難を引き起こします。ひどい場合は死に至るケースもあるので、薬物アレルギーの中では最も注意を要する症状です。

 

また、薬物アレルギーが喘息や声帯の腫れを引き起こし、呼吸困難に陥ったり、消化器官に働きかけて、嘔吐や下痢などの症状が出ることもあります。

 

アレルギー反応は薬を服用した直後に現れる場合もあれば、時間がたってからあれわられることもあり、その症状も人によって様々です。アレルギーの心配のある人は、飲んですぐに症状が現れなくても、翌日まで様子を見守るようにしましょう。

薬物アレルギーの診断

薬物アレルギーの症状には、湿疹や、じんましんなどのかゆみが一般的ですが、それ意外の症状が出た場合でも、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

病院へは服用した薬を持っていくことが大切ですが、もし全部服用してしまって現物が無いときは、薬が入っていた袋など少しでもその薬の情報がわかるものを持っていきましょう。

 

薬物アレルギーで最も多いのがじんましんの症状ですが、アレルギー反応で蕁麻疹が出る場合と、薬が効いた副作用としての反応である場合があるので、その薬を医師に伝えて診断してもらうことが大切です。

 

病院では、過去に薬物アレルギーの症状が出たことがあるか、家族に同じようなアレルギー症状が出た人がいないかなどを尋ねられます。

 

薬物アレルギーに限らずアレルギー全般にいえることですが、遺伝が関係している場合が考えられるため、家族や親戚のアレルギー情報も必要なのです。

 

アレルゲンを突き止めるために血液検査を行うこともありますが、薬物アレルギーの場合、アレルゲンの判断が非常に難しく、原因を追求することは困難だといわれています。

 

しかし誘発テストといって、薬物アレルギーの原因と考えられる薬を目や鼻の粘膜に垂らして反応を見る検査を行なって調べることができます。

 

誘発テストを行うと、薬物アレルギーの原因がある程度わかるので、アレルゲンを特定した場合には、この検査をなさってみてはいかがでしょうか。

薬物アレルギーの治療

薬物によるアレルギーが現れたら、原因と思われる薬の使用をまず中止してください。薬を使わなければ、ほとんどの症状は治まります。

 

けれど、体に不調を感じるから薬を服用する訳ですから、薬の使用を止めてしまうと、肝心の病気が悪化することもあります。そのためには、代用薬が必要です。

 

医師に相談して、アレルギーの心配が少ない薬に変えてもらいましょう。

 

また、薬物アレルギーの症状についても、医師の診察を受けて治療をしてもらう必要があります。

 

皮膚が痒くてたまらない、皮膚が剥がれるといった症状には、抗ヒスタミン剤などを使った治療が行われます。

 

気管支炎などの症状としてアレルギー反応が起こった場合は、喘息治療剤や気管支拡張薬で治療が行われ、さらに喘息があるばあいは吸入などの喘息に対する治療も行われます。

 

薬物アレルギーの最も危険な症状であるアナフィラキシーショックの場合は、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤、アドレナリンといった昇圧剤を使った、緊急治療が必要です。

 

特に重篤の薬物アレルギーの場合は即刻入院の必要があり、ステロイド薬の点滴が行われることもあるので、アレルギー体質の人は薬物の使用には特に注意が必要です。

 

薬を服用して何か異変を感じたら、すぐにその薬の使用を中止し、症状が治まるかどうか様子を見て、医師の診察を受けましょう。

 

 

注:薬物アレルギーは現在も研究が進んでいます。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や管理栄養士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。