食物アレルギーとは

食物アレルギーとは

 

アレルギーの原因には花粉やダニ、金属などさまざまなものがありますが、摂取した食べ物が原因でアレルギー症状が引き起こされる場合もあります。

 

食べ物が原因のアレルギーを食物アレルギーと呼び、そのような食物が体内に入ることにより、身体の免疫機能が過剰反応し、さまざまな症状があらわれます。

 

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンと呼び、代表的なものとして、小麦やそば、卵や牛乳、大豆やチーズなどがあります。

 

食物アレルギーは人によって症状の出方が異なり、小麦はダメだけれど卵は大丈夫な人、そばだけにアレルギー症状が出る人など、さまざまです。

 

アレルゲンを摂取したあとのアレルギー反応の現れ方もいろいろで、少し皮膚が赤くなって、かゆみを伴うだけの軽い症状や、少量の摂取でも死に至るような重篤な症状まで人によってことなります。

 

食物アレルギーは子どものときに発症する場合が多いのですが、成人になってから発症するケースもあるので、誰にでも起こりうる症状だといえます。

 

食物アレルギーの食べ物だけではなく、薬によっても反応を起こすことがあります。

 

近年、アレルギー患者が急速に増えていますが、その背景には食生活の欧米化があるといわれており、今後もますますこの傾向を高まるだろうと予測されています。

食物アレルギーとの付き合い方

 

食物アレルギーと言えば、特定の食べ物を食した時に起こるアレルギー反応を指す言葉として定着しているでしょうか。

 

食物アレルギーの代表的な症状は紅斑やむくみ、更に蕁麻疹といったものです。

 

即時型アレルギーとして扱われることもあり、これは食物アレルギーの他にハチに刺された際に起こるアナフィラキシーショックがあります。

 

理論上この世界に存在する全ての食物は、食物アレルギーの引き金となる可能性を持っています。

 

実際にそんな事になったら大変、という話なのですが現実にあらゆる食べ物に対して食物アレルギーを発症してしまうケースが海外で報告されています。

 

現代病とも言われる食物アレルギーは、近年では社会の理解が進み対策もそれほど難しいものではなくなってきたと言えます。

 

食物アレルギーへの対策として、食料品の包装に特別な表記がされているものを見たことがあるかもしれません。

 

直接アレルギーの対称となるものを口にする可能性がある商品だけでなく、商品を構成する原材料に食物アレルギーの対象が含まれる場合にも表記されます。

 

食物アレルギー自体はあらゆる食べ物で発生する可能性を秘めていますが、それら全てを書き出すというのは不毛です。

 

食物アレルギーのなかでも特に患者数が多い食べ物、卵やかにえびといったものが対象です。

 

包装された食物を購入した時に印刷をよく見てみると、卵などが原材料に含まれていれば食物アレルギーの発症を防ぐ目的で必ず表記されています。

 

ただし包装されていない、または簡易的に包装された食物に関しては表示されない事もあるため食物アレルギーを持っている方は注意する必要があるでしょう。

 

食物アレルギーは対象となる食物さえ摂取しなければ良い、というものではないようです。

 

たとえばその食物が工場でライン生産されている場合、それ自体には食物アレルギーのリスクがなくても同じラインを流れる別の食物に対象が含まれる事があります。

 

もちろんラインを洗浄せず別の食物を生産する事はありませんが、絶対という事がない以上食物アレルギーに対する注意書きはやはりされます。

 

その食物を食べる事自体が問題なのではなく、食物の成分を摂取する事が食物アレルギーに繋がるのです。

 

えびやかにで言えば、身を食べなくとも出汁を取ったスープを飲む事も食物アレルギーを誘発します。

 

何か一つでも食物アレルギーを持っている場合、生活のスタンスは大きく変わってくるでしょう。

 

しかし何でもかんでも制限されるというわけではなく、要点を抑える事が大切です。

 

確実に食物アレルギーの原因だけを取り除いていくことが重要なのです。

 

注:食物アレルギーは現在も研究が進んでいます。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や管理栄養士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。