喘息に効くつぼ

喘息に効くつぼ

 

喘息に効果的なツボ

 

体にはたくさんのツボあり、体の症状によって刺激するツボの場所が違います。喘息の症状を和らげるのに効果的なツボもあります。

 

喘息には、「治喘(じぜん)」と「咳喘点(かくぜんてん)」が効きます。

 

「治喘」は、首の付け根にあるツボです。

 

首を曲げたときに、大きく隆起する第七頸椎と第一胸椎の間にあるツボが「大椎」ですが、この「大椎」より左右5mm程離れた場所に「治喘」があります。

 

治喘には、爪楊枝(1本)やヘアピン、爪でつねって、皮膚が赤くなるまで刺激を与えます。

 

その後お灸で暖めると、さらに効果的です。

 

一方の「咳喘点」は、手のひらの人差し指と中指の付け根の間の少し下にあり、治喘と同じように爪楊枝やヘアピン、爪などを使って刺激を与えます。

 

子どもが喘息の発作を起こした場合には、この2つのツボをなでてあげると効果があります。

 

大人の時は皮膚が赤くなるまで刺激しますが、子供の場合は優しく撫でて刺激しましょう。

 

ツボは、喘息の発作があるときだけでなく、症状があらわれていないときでも刺激しておくと、発作の予防に効果があるので、根気よく刺激をしましょう。

 

つぼの刺激は喘息の予防や改善に効果がありますが、症状がひどい場合にはただちに専門医に診てもらいましょう。

注意
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
ページの先頭へ戻る