喘息とアレルギーの関係

喘息とアレルギーの関係

 

アレルギーと関係なく喘息が起こることもありますが、喘息の症状がある人は、アレルギー体質の人が多いといわれています。

 

子どもの喘息は大半がアレルギーによるものであると考えられていますが、アレルギーだけでは説明できない症状もあります。

 

特に大人の場合には、ストレスや疲労から自律神経やホルモンのバランスが崩れ、喘息の症状が出ることが多いようです。

 

しかし、喘息とアレルギーは深い関係にあることは確かなので、なるべくアレルギーの原因となる物質を身の回りから取り除くように暮らしたほうがいいでしょう。

 

喘息の発作を起こしやすいアレルギー物質では、ハウスダストやカビ、ダニ、ペットの毛などが一般的です。

 

換気やこまめな掃除を心がけてアレルゲンを室内から取り除くように心がけると、喘息の予防にも効果があります。

 

ハウスダストだけではなく、食べ物が原因で喘息発作を起こすこともあるので、自分の喘息の原因が何であるのかを調べておくことも必要です。

 

喘息には、原因となるアレルギー物質が特定できるアトピー型、原因が特定できない非アトピー型にわかれます。

 

どちらの喘息でも、症状を悪化させないためにはなるべく発作を起こさないように予防することが大切です。

 

生活環境や生活習慣を見なおして、清潔な住居で規則正しい生活を送ることが、一番の予防だといえます。

注意
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
ページの先頭へ戻る