喘息の症状記事一覧

喘息の発作

喘息の発作が起きると、ゼーゼー、ヒューヒューという音のする喘鳴、ひどい咳、呼吸困難などの症状があらわれます。喘息の人の気道は非常に敏感なので、普通では問題のない少しの刺激にも反応して発作を起こします。喘息の発作は4段階に分かれます。小さな発作のときは、ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴も軽く、食事や睡眠を取ることができ、日常生活も普通に送れるくらいの症状です。中発作のになると、明らかな喘鳴があり、食...

Read More
喘息性気管支炎とは

喘息性気管支炎(喘息様気管支炎)は、“喘息”という名前がつけられていますが、気管支喘息とは違う症状です。喘息性気管支炎の症状は、ウイルスや細菌感染などで風邪を引くと、喘息の症状と同じようにヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴が起こり、軽い呼吸困難を伴うもののことです。0歳から1歳児が発症することが多く、成長するにつれて症状は軽くなります。小さい子どもの気管支はとてもに細く、咳を出す力も弱いので痰が溜ま...

Read More
アスピリン喘息とは

薬が原因で喘息の発作を起こすことがあります。その薬とは、解熱鎮痛薬のアスピリンです。アスピリン喘息は子どもにはあまり起きませんが、成人喘息のうち約1割の人の原因となっています。20代から50代に多くみられ、特に女性に発症しやすいと報告されています。この喘息は「アスピリン喘息」と呼ばれていますが、アスピリン以外のさまざまな化学物質が原因となって発作を起こす場合も多く見られます。アスピリン喘息はアレル...

Read More
咳喘息とは

喘息には、ヒューヒュー、ゼイゼイという、喘息に特徴的な喘鳴の症状を伴わない咳喘息と呼ばれるものがあります。咳喘息とはその名の通り、咳だけが持続的に長引くのが特徴の疾病です。咳喘息と名付けられていますが、まだ喘息にまで至っていない、一歩手前の症状であるとされています。咳喘息はアレルギーが原因で起こることが多く、男女比の統計では、女性の発症が多いのが特徴です。ヒューヒュー、ゼイゼイという音がしなくても...

Read More
気管支喘息の症状

気管支喘息は、呼吸困難の発作が繰り返し起こる病気です。気管支喘息の主な症状としては、ヒューヒュー、ゼーゼーいう喘鳴を伴う呼吸困難や、連続して出る咳などがあります。発作が起きているときに、聴診器で胸の音を聞くと、呼気延長や乾性ラッセル音といった特徴的な音がします。気管支喘息の発作は、台風が近づいたり、季節の変わり目に特に起こりやすく、一日のうちでは夜や早朝に起きやすいという特徴があります。喘息が起き...

Read More
注意
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
ページの先頭へ戻る