喘息の原因記事一覧

喘息とアレルギーの関係

アレルギーと関係なく喘息が起こることもありますが、喘息の症状がある人は、アレルギー体質の人が多いといわれています。子どもの喘息は大半がアレルギーによるものであると考えられていますが、アレルギーだけでは説明できない症状もあります。特に大人の場合には、ストレスや疲労から自律神経やホルモンのバランスが崩れ、喘息の症状が出ることが多いようです。しかし、喘息とアレルギーは深い関係にあることは確かなので、なる...

Read More
喘息を予防する

喘息の発作を予防することは、喘息の治療上とても大切です。喘息は発作を繰り返すと、気管支に負担がかかるため、気管支が過敏になって少しの刺激でも発作を起こすようになります。このような悪循環を断ち切るためには、まず喘息を起こす原因である刺激物質を身の回りに近づけないようにしましょう。小児喘息では、ダニやほこりなどのハウスダストがアレルゲンとなる場合が大半です。家の中の住環境を整えることが、喘息予防に最も...

Read More
喘息が出やすい時期

喘息の発作は1年中、いつでも起こりますが、特に発作を起こしやすい時期があります。喘息の発作が最も多いのは、秋の9月、10月です。その次に春の4月、5月も発作が起きやすい時期です。秋と春の季節の変わり目には、朝晩の冷え込みが急に強くなるので、発作が起こりやすくなります。気候が不安定なので体調を崩しやすく、風邪を引きやすい(風邪は喘息を誘発します。)のも、喘息発作が増える原因の一つとされています。意外...

Read More
喘息発作を起こすもの悪化させるもの

喘息に悪影響を及ぼすモノ喘息は、薬を使って行なう治療と同時に、規則正しい生活や住居環境を清潔に整えることで、喘息発作の予防や症状の悪化を防ぐことができます。喘息の症状を悪化させたり、発作を起こす原因は、身近なところにたんさん存在します。家の中にある喘息に悪影響を及ぼすものには、ダニ、カビ、ホコリ等のハウスダストや、ペットの毛などが一般的です。食べ物では、小麦や卵などのアレルギーを起こしやすい食品も...

Read More
喘息の引き金となる風邪

喘息を誘発する風邪喘息は、アレルギー体質と気管支の粘膜の炎症が主な原因とされています。気管支の粘膜が炎症を起こして過敏になっているため、アレルゲンが付着すると刺激されて喘息の発作を起こします。慢性的な気管支炎である喘息の人が風邪を引くと、それが刺激となって喘息の発作が出ることは珍しくありません。風邪のウイルスはさまざまですが、特に鼻風邪を起こすライノウイルスに感染すると喘息発作を誘発しやすいので注...

Read More
気管支喘息の原因

気管支喘息になる人が、年々増加しています。気管支喘息は、アレルギー体質などの遺伝的な要素、空気汚染などの環境、気道過敏症が原因となって起こるのではないかと言われています。この他にも、疲労やストレスによる自律神経失調症、風邪などのウイルス感染でも気管支喘息の症状が起きると報告されています。アレルギー性の気管支喘息の場合は、アレルギーの原因となる物質を身の回りから取り除くことで、発作を予防することがで...

Read More
ページの先頭へ戻る