小児喘息記事一覧

小児喘息について

小児喘息は、ハウスダストなどのアレルギーが原因で起こることが多いとされています。ホコリやダニなどのハウスダストがを吸い込むとアレルギー反応を起こし、炎症で敏感になった気管支が刺激されて喘息の発作が起こります。喘息の発作を予防するためには、アレルギーの原因を身の回りから遠ざけることが必要です。小児喘息の原因であるアレルゲンを特定することが、有効な治療を行う上で必要ですが、アレルゲンを絞り込んで特定す...

Read More
運動誘発性喘息について

運動をしたときに発作が起きる喘息を、運動誘発性喘息と呼びます。小児期から青年期の喘息の人によく見かける症状です。運動誘発性喘息のはっきりとした原因はまだ分かっていませんが、激しい動きが口呼吸を誘導し、鼻を通らない乾燥した空気が直接気管支に吸い込まれるため、それが刺激となって起こるのではないかと考えられています。喘息のコントロールがうまくできていない人は特に、運動誘発性喘息を起こしやすいとされていま...

Read More
思春期における喘息

小児期の喘息の大半は、子どもが成長するに連れて症状が改善されていきます。しかし、成長してもそのまま喘息が残ってしまう人が3割くらいいるとも報告されています。小児喘息が治らずに、思春期まで持ち越してしまうことを思春期喘息といいます。また、思春期になってから突然喘息を発症する場合もあります。小児期では喘息を発症するのは男の子が圧倒的に多いのですが、思春期での発症は男女ほぼ同じ比率だと言われています。思...

Read More
小児喘息に関する書籍

喘息だと診断されたばかりの人や、子どもが小児喘息になった人は、喘息についての知識や対処方法など、わからないことがたくさんあると思います。もちろん、一番早く正確に理解するためには、主治医の先生に喘息の知識や治療方法についての話しを聞くのが一番ですが、なかなかゆっくりと説明を聞くことができないのが現状ではないでしょうか。そんなときには、喘息について書かれている書籍を参考にしてみましょう。喘息の専門医や...

Read More
小児喘息の治療の目標

喘息を持つ人の気管支は、慢性の炎症を起こしており、少しの刺激でも発作を起こしてしまいます。ですから小児喘息の治療は、発作が起こらないように予防することが肝心です。喘息といえば、咳が出るというイメージが強いのですが、発作の症状は咳だけではありません。咳が出ても喘息の発作が起こらないこともありますし、逆に咳が出ていなくても発作が起こることもあります。小児喘息の治療における最終目標は、咳を出さないことで...

Read More
ページの先頭へ戻る