喘息の基礎知識記事一覧

喘息のセルフチェック

喘息は、管支の慢性的な炎症によって起こります。炎症が気道を狭め、ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴や呼吸困難の症状が起こります。喘息の症状には軽いものから重いものまでさまざまですが、咳が長期間続いたり、夜中から明け方にかけて特に咳き込む、呼吸困難になるという場合には、喘息のセルフチェックを行ってみましょう。1.咳が長引く2.夜中から明け方にかけての時間帯に特に咳き込む、息苦しい3.呼吸するたびに、...

Read More
喘息の症状の種類

喘息は、いくつかの種類に分けることができます。喘息の中で一番多いのはアレルギー性のアトピー型喘息です。アトピー型喘息は、ハウスダストや花粉などのアレルゲンが原因で喘息の症状を引き起こすものです。小児喘息のおよそ90%がアトピー型だといわれています。アトピー型喘息であるかどうかは、IgEという抗体を調べると、すぐに分かります。IgE抗体の反応がなく、アレルギーが原因ではない非アトピー型喘息もあります...

Read More
喘息患者の会

喘息を持つ患者やその家族によって全国で、「喘息患者の会」が作られています。その中でも、「石川県喘息友の会(わかば会)」は有名で、1974年に設立され、現在では会員数が1,000人を超える大きな会になっています。「“石川県”という名前がついていますが石川県民に限らず、日本全国どこにいても会員になることが可能です。わかば会では、喘息患者や家族に対して、正しい喘息の知識や最新の治療情報などを配信していま...

Read More
ピークフロー値で喘息の状態を知る

喘息の状態がわかるピークフロー値現在の喘息の状態や、発作が起こりそうかどうかを予測するため「ピークフローメーター」を使うことがあります。ピークフローメーターによって測定された数値を「ピークフロー値」と呼び、この数値で、息を勢いよく吐き出したときに息の流れる速度を測り、喘息の状態を把握することができます。喘息の人は慢性的な気管支炎のために、空気の通りが悪くなりピークフロー値が標準値より低いのが特徴で...

Read More
喘息のコントロールテストとは

喘息コントロールを調べるテスト喘息の治療では、発作を起こさないように、コントロールしていく予防治療に重点が置かれています。喘息が上手くコントロールできると、健康な人と同じような生活を送ることができます。ですから、喘息の発作や症状が出なくなったからといって、自己判断で吸入ステロイドなどの使用を止めることは禁物です。自分の喘息は、今どのくらいコントロールできているのかは、一番気になることですね。そんな...

Read More
喘息のガイドライン

喘息ガイドラインとは、専門医が過去のデータにもとづいて作成した、治療や予防、管理の目標が記された指標です。このガイドラインに沿って治療を行なうことで、全国どこの患者でも統一された治療を受け、安全に症状を改善させることができるように作成されています。ガイドラインが作成される以前の喘息の治療は、発作が出たときに行なう対処療法が主流でした。しかし現在では、喘息は慢性的な気道の炎症と考えられており、炎症を...

Read More
注意
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
ページの先頭へ戻る