喘息の治療法記事一覧

咳喘息の治療

咳喘息は、いわゆる喘息とは症状の異なるものです。咳喘息の場合は気道に炎症が認められますが、通常の喘息に見られる呼吸が苦しくなるような症状が見られません。根本から状態が異なっている訳ではないものの、決定的な部分で咳喘息と喘息とに違いがあるため治療にも違いが出てきます。咳が長く続く事から咳喘息は風邪と誤解されやすいですが、もちろん風邪ではないため治療法も異なります。咳喘息と喘息とは別物ですが放っておい...

Read More
喘息の専門病院の探しかた

喘息の治療のためにどこの病院に行けばいいのか、悩む人も多いのではないでしょうか。専門医のいる病院を探すには、まず病院の標榜科目を見てみましょう。「標榜科目」とは、内科、皮膚科、外科などといった診療科目を医療機関が都道府県に届出をし、看板や電話帳などに記載しているものです。呼吸器科、アレルギー科や小児科、アレルギー科と標榜している病院であれば、喘息を診てもらうことのできる病院だと思っていいでしょう。...

Read More
喘息の治療に使われるステロイド薬

喘息の治療薬、ステロイドステロイドは、喘息の治療で使われる基本的な薬です。ステロイドには、喘息の発作が起こったときに速やかに症状を抑えるためのものと、発作を予防するために使われるものがあります。予防のために使われる吸入ステロイドには、慢性的な気管支炎を改善する働きがあり、喘息発作の予防には非常に有効な薬として知られています。ステロイドの吸入は年齢や症状によって使用量が異なるため、必ず医師の指示に従...

Read More
喘息の治療薬

喘息の治療で使われる薬は、2つのタイプに分けることができます。喘息の発作を予防するための薬と、発作が起こったときに症状を止めるための薬です。発作を起こさないための予防薬を、長期管理薬(コントローラー)と呼んでいます。コントローラーは、喘息の原因となる慢性の気管支炎を改善する効果があります。しかし発作に対しては即効性がありませんので、効果を得るためにはある程度の期間、使い続ける必要があります。長期間...

Read More
喘息に効く漢方薬

喘息に効果的な漢方薬喘息を漢方薬治療で治す人が増えています。喘息の治療に使われる漢方薬は、その人の体質や症状に合わせていろいろな漢方を混ぜて処方されます。例えば、冷え性で、冬になると水っぽい痰(たん)が増え、季節の変わり目に喘息発作が起こりやすい人には、体の冷えを改善する小青竜湯といった漢方薬で治療します。夜、布団に入って体が温まると咳がでやすい人には、麻杏甘石湯が処方されます。また、精神的なスト...

Read More
喘息に効くつぼ

喘息に効果的なツボ体にはたくさんのツボあり、体の症状によって刺激するツボの場所が違います。喘息の症状を和らげるのに効果的なツボもあります。喘息には、「治喘(じぜん)」と「咳喘点(かくぜんてん)」が効きます。「治喘」は、首の付け根にあるツボです。首を曲げたときに、大きく隆起する第七頸椎と第一胸椎の間にあるツボが「大椎」ですが、この「大椎」より左右5mm程離れた場所に「治喘」があります。治喘には、爪楊...

Read More
喘息の治療法

喘息の治療には、アレルゲンを身の回りから取り除くことが大切です。アレルギー性の喘息でアレルゲンが特定されたら、身の回りからできるだけアレルゲンを遠ざけて暮らすようにしましょう。住環境の見直しが、喘息の発作を改善します。それと同時に、薬物療法をおこないます。喘息の治療に使われる薬には、予防に使われるものと、発作の症状を抑えるために使われるものの2種類があります。喘息の発作を予防するものでは、炎症を抑...

Read More
咳喘息の治療

咳喘息は、いわゆる喘息とは症状の異なるものです。咳喘息の場合は気道に炎症が認められますが、通常の喘息に見られる呼吸が苦しくなるような症状が見られません。根本から状態が異なっている訳ではないものの、決定的な部分で咳喘息と喘息とに違いがあるため治療にも違いが出てきます。咳が長く続く事から咳喘息は風邪と誤解されやすいですが、もちろん風邪ではないため治療法も異なります。咳喘息と喘息とは別物ですが放っておい...

Read More
注意
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。
ページの先頭へ戻る